編集ガイド のバックアップ(No.1)


編集ガイド



編集01【見出しを表示する】

内容を区切りサイトを分かりやすくするようなものです。

見出し

行頭に [ * ] をつけると大見出しになります。

見出し

行頭に [ ** ] をつけると中見出しになります。

見出し

行頭に [ *** ] をつけると小見出しになります。

編集画面は下図のようになります。

&image(): File not found: "ガイド01.png" at page "編集ガイド";





編集02【コメントアウト】

表示したくない文章の文頭につけると、表示されなくなります。編集画面でのみ見えます。

行頭に[ // ]をつけるとコメントアウトになります。メモ機能、書き置きに便利です。


編集画面は下図のようになります。

&image(): File not found: "ガイド02.png" at page "編集ガイド";





編集03【水平線を表示する】

水平線を挿入します。ページを区切りたいときに使うと便利です。


水平線(英語で表記)


水平線(記号で表記)


編集画面は下図のようになります。

&image(): File not found: "ガイド03.png" at page "編集ガイド";





編集04【新規でページを作成する】

ページを新規で作成する方法です。


「新規」メニューより、新しいページの作成をします。作り方は2つあります。
1. リンク→新規ページ内容編集・・・作りたいページ名の文字列を[[]]で囲うと、入力した部分の後ろに ? というリンクがつきます。そこをクリックすると新しいページの編集画面が用意されるので、あとは普通のページ編集と同様に書き込むことができます。
2. 新規ページ内容編集→リンク・・・「新規」メニューから作成できます。作成するページ名を入力し、編集画面で内容を書き込み、更新するとできあがります。この場合、ページを作成しただけでまだリンクが貼られていませんので、好きなページ、必要な場所にリンクを作成しましょう。





編集05【画像を添付する】

画像を添付する方法です。かなり使用する機能です。


「添付」ボタンより、画像の添付をします。かなり使用する機能です。 

添付する画像を選択し、管理者パスワードを入力してアップロードをクリックすると、添付ができます。

添付後の画面、ページ名の部分に『〇〇(ページ名)にアップロードしました』と表示され、そのページ内にファイル名とファイルが存在すること(ファイルの名前をクリックして画像を表示できるか)を確認してください。

※同じ名前のファイルを、同じページに添付はできません
※1,024KBより大きいデータサイズのものは添付できません
添付したのち、ページ内に画像を表示させるには、画像読み込み専用の記述ルールを使用します。記述によっては、違うページに添付した画像も読み込みできます。
添付した画像などを削除したり、名前を変更するときには、画像ごとについている「詳細」リンクから行ってください。
画像は、添付する前にサイズ調整されることをお勧めします。推奨サイズは600pixel x 840pixel、840pixel x 600pixel(おおよそA4のサイズ比)です。


(例)記事にはこのように書きます。

&image(sample.jpg,,100%,);

そして該当する画像(ここではsample.jpg)を「添付」ボタンより添付します。そうすると画像が表示されます。(編集画面で画像のパーセンテージも指定すれば大きさも変えることができます。)

&image(): File not found: "sample.jpg" at page "編集ガイド";

&image(): File not found: "sample.jpg" at page "編集ガイド";

編集画面は下図のようになります。

&image(): File not found: "ガイド05.png" at page "編集ガイド";





編集06【文字色、背景色、文字の大きさ指定】

文字色、背景色、文字の大きさ指定を指定します。


ここに色を変える文字列を打ちます
このように文字の色を変えるには次のように書きます。

&color(文字色,背景色){ここに色を変える文字列を打ちます};



ここにサイズを変える文字列を打ちます
このように文字のサイズを変えるには次のように書きます。

&size(40){ここにサイズを変える文字列を打ちます};



編集画面は下図のようになります。

&image(): File not found: "ガイド06.png" at page "編集ガイド";

色指定は、red,blue,greenのようなカラーネーム、または、#○○○○○○の16進数どちらでもできます。参考ページ

(例)16進数で色指定した場合
ここに色を変える文字列を打ちます
次のように書いています。

&color(#000000,#ffa500){ここに色を変える文字列を打ちます};