障害者アートの重要性

障害者アートはなぜ重要なのか

障害者がアイデンティティを確立できる

障害者にとっては、自己のアイデンティティを確立するのが難しい場合が多いです。一般の人と違って、自分の考えていることや、好きなもの、嫌いなものなどについて、相手に伝えたくても、なかなか伝わらないこともあるでしょう。また、障害者の中でも、程度が重い場合には障害者施設に入所しています。普段は、同じ障害者施設に入所している障害者や職員の人としか関わる機会がありません。一般の人に、自分の価値観などを伝えたくても、その機会がない状況にあります。

そのような中で、障害者アートを制作すれば、一般の人を含め、他社に対して自分を表現することができます。言語での表現が難しければ、絵画や音楽などでの表現もできるということで、障害者の自己表現の手段になるでしょう。

自分が制作した作品を大勢の人に見てもらうことができれば、アイデンティティを確立でいるようになります。収入を得ることもできるため、経済的自立にもつながるでしょう。

社会の多様性を醸成できる

近年では、社会全体で多様性が重視される傾向が強まってきています。20年前や30年前までは、人と違っている考え方や価値観などは、あまり受け入れられないことが多くありました。しかし、現在では色々な人がいていい、価値観も人それぞれという認識が一般化しています。

そのような社会の多様性を醸成する上で、障害者アートが果たす役割は大きいです。障害を持っている人が制作した芸術作品であるため、一般の芸術家が制作した芸術作品とは異なる面も多いでしょう。障害者アートについての認識が社会全体に広まることで、多様性を醸成できます。障害者だけにとどまらず、社会全体でさまざまな価値観を認め合うきっかけになるでしょう。

また、障害者アートは一般の芸術家の人にとっても、参考にできる面が多いです。障害者アートの認知度が広まることで、芸術の分野全体の発展にもつながるでしょう。一部の人が抱く障害者に対する偏見も次第になくなっていくかもしれません。